ビジョン

vision

「見守る保育」

泉光こども園は、前身である泉光保育園の開園(昭和27年)以来、目には見えないもの(両親からの愛情や、今までつながってきた命)に感謝する心や、人を愛し人から愛される、社会性をもった感性豊かな子ども達を育てることを保育の最大の目標としています。それを達成するために。以下のことを大切にしています。

子どもが自発的、意欲的に関われるような環境の構成と、そこにおける子どもの主体的な活動を大切にすること

子どもは子ども集団の中での遊び体験や、大人との関わりから社会性を学びます。保育者が選んだ遊びを子どもに『させる』ではなく、保育者が用意した環境の中で、子ども自身が『選択する』ことで、自主性をはぐくむことができると共に、片付け等に責任を持つことも学ぶ機会になります。

子ども一人ひとりの発達について理解し、それぞれの特性に応じ、発達の課題に配慮して保育すること

子どもの月齢や保育年数等様々な要因によって、子どもの発達には差があります。その差を保育者が理解し、どんな課題を抱えているのかを配慮しながら、毎日の保育を進めていきます。

子ども同士の中で刺激しあうため、様々な年齢との関わりを保障すること

子ども同士が真似をしあったり、教えあったりするという関わりが、発達を促し社会性を高めていきます。

子育て中のお父さんお母さんたちへ

泉光こども園は、子ども達たちの発達を保障することはもとより、働くお父さん・お母さんたちのお手伝いをする施設でもあります。 小さな頃から預けるのは子どもが可哀想と思う方もいらっしゃるでしょうし、他の人にそう言われ、本当は働かなければならないのに働けないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご安心ください。可哀想などとは無縁の毎日を過ごしています。毎日ワクワクし、友達と笑いあい、時にはケンカをしながら、家庭にいるだけでは決してできない日々を送っています。さらには、お父さんお母さん達が無理をせず仕事ができ、生活にゆとりを持てるようお手伝いをすることで、家に帰っても子どもとハッピーに過ごせると考えております。言葉だけでは伝わらないことはたくさんあります。幼稚園・保育園・こども園を選ぶ際には、自宅から近いとか遠いで選ぶのではなく、必ず見学の上、教育方針・保育方針などをしっかり聞いて子どもにとってベストな施設を選択していただきたいと思っています。

泉光こども園からの最新情報をお届けします

気軽にお問い合わせください

個人情報の取扱いについて
  1. ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および確認のためのみに利用します。
  2. また、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。